スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新のネコハウス作品 動画その1

これ以上の巨大プロジェクトはもう無いかもしれないな。
日本のシェルターが譲渡を意識して、上位層のイギリス並になれば
デザインできるかもしれないけれど。
というわけで、一番大きい猫部屋に「全員集合!」って感じの動画です。
※ご自由にリンクなりシェアーで拡散してください。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

猫のトイレ置き場所 その2

Litter box place

猫のトイレの置き場所は、初めからきちんと決めておいたほうがいい。
長年、私や学生が行っているのフィールドワーク調査では、
トイレの置き場所を洗面・脱衣所や人間のトイレに設定している例が多数見られた。
ただし、それと同時に多くの飼い主が、その選択に不満を持っている。
中には注文住宅で、わざわざ好んでそのようにしてもらったのに、それを後悔していると言うのだ。

猫のトイレを、洗面所(脱衣所・パウダールーム)に置くことで、
臭いが気になったり、足元に猫砂が散らばったりして、
人間が不快になることぐらい、猫飼いなら簡単に想像できるはずなのに、
飼い主さんたちが、そのような、最良とは言えない選択をしてしまう理由はたった一つ。

”日本の家には「防水性のある床」がほとんどない。”これに尽きる。

だから、一見、防水性のあるように思えるクッションフロアーが使われている部屋、
つまり洗面所(脱衣所・パウダールーム)ってことになるのだろう。
また最近ではシックハウス対策で、洗面所には必ず24h換気扇が付いているので、
それがその選択を後押ししている。

それから、ハウスメーカーの規格住宅なんかでも、そのような形式を、
「ネコ仕様」として提案している事例を見ることがある。
全体的に、プロならもう少し勉強するべきだと思う。

さて写真のは、私の仕事の例。パーフェクト。自画自賛。
やっていることは、

1)「ここがトイレだよね?」って猫が自分でわかるようにストーリーを組み立てる。
2)「臭気が拡散しない」ように換気扇を目立たない場所に取り付けトイレ周りを「負圧」にする。
3)「散らばる猫砂」を掃除しやすいように、他の場所より床の高さを少し下げる。防水する。
4)「猫砂収納」を直近に設ける

ちなみにこの事例では、トイレの上部が、猫の水のみ場。
2,3,4はこれから家を建てる人に参考にしてもらえたら良いと思う。
だけど(1)は簡単には真似できないと思います。
なぜなら、トイレ以外の空間を丁寧に設計して、その関係性から生まれる話だから。

こっちのブログには違うバージョンの写真。
blog「動物の建築士さん」-猫のトイレ置き場を考える。答え。

テーマ : 猫と家?猫と暮らす住まいの工夫?
ジャンル : ペット

キャットウォークに関する考察(その1)

キャットウォークで喧嘩

最近は、猫好きの人々の要望に応える形で、ハウスメーカーさんも
「キャットウォーク」をあらかじめ設けている商品住宅を出しているみたい。
でも、私がちらほらと雑誌やネットで見るものは、正直な感想として
猫のことが(飼い主さんのことが)「わかってないなぁ」というものがほとんど。

わかってないなぁと思うのは、私がキャットウォークを設計する場合に
「大切に考えていること」の3要件を満たしていないものが、残念ながらほとんどだから。
私の知らないところで、上手に造っている建築士さんもいるとは思いますけど。

<キャットウォークの掟>
その1)キャットウォークには、「そこに在る」ための理由が必要である。
その2)キャットウォークは「一方通行で行き止まり」になっていてはいけない。
その3)キャットウォークは清掃できなくてはいけない。

1)は簡単。猫にとって、外の景色が見えるとか、魅力的な場所に行くための通路にすればいい。
人間が「ここを歩いてくださいよ~」と言ったところで、猫にとって意味(=目的)がなければ、すぐに飽きて使わなくなるでしょう。

2)はその作られ方自体が猫にとって面白くないから。それから、写真のようにキャットウォーク上で猫が「対峙」しちゃった場合、どちらかの猫が道を譲らなきゃいけないから「一方通行で行き止まり」だと、多頭飼いの場合、困ってしまう。猫が。途中で下に降りれたり、2匹がすれ違えるだけの幅が必要です。

3)は、そこに毛が落ちるし、吐くこともあるから。軽いアルミ製はしご程度で、簡単に掃除できるような形状になっていればいいと思う。歩行面が広い場合はそこに行くための人間用の階段も必要だ。

追加で
その4)人が下から見上げて楽しめなきゃ意味がない。だって「家」なんですから。
※これについては後日「キャットウォークについての考察(その2)で書きます。

というわけで、「猫の家 The Cats' House」では、そのあたりを随分工夫してみました。
全長10.5mのキャットウォークがうまく機能している状態をMOVIEの方で見てみて下さい。

http://www.catshouse.jp/movie/movie_1.html



☆ランキングに参加しました。右端のボタン。ポチっと頼みます!

テーマ : 猫と家~猫と暮らす住まいの工夫~
ジャンル : ペット

猫のトイレ置き場 ・ 猫のダイニングルーム

猫トイレ・猫ダイニング


WEBサイト「猫の家 The Cats' House」がオープンしてから、知人より質問をもらったので
ここにも、その内容を書いておこうと思います。

どうやらこの家で一番気になるっていうか、猫飼いさんが参考にしたい部分というのは
トイレの仕組みらしい。あぁ確かに。HowTo的なサイトなら避けて通れない部分だ。
それから、猫の食事スペースも。

なので、ここで少しご紹介。
かなり設計段階で施主様と打ち合わせをした部分でもあるし。
いい写真が無いので分かりにくいかもしれませんが、
猫のトイレ置き場と猫の食事スペースは、
階段の下の余剰空間を利用しています。

1階から2階へ上がる階段の下部で
床に下りの段差を15cmずつつけて
天井高をとりつつ、スペースを確保。
そして床は防水処理をした上に掃除がしやすいタイル貼り。
水で洗えるように排水口を設置。
まだトイレを置いてない状態の写真ですが(これしか撮ってなかったので)
http://www.catshouse.jp/photo/photo_31.html
で、たぶんわかってもらえると思います。

それで、
1階床レベル-15cmの場=食事スペース+猫の水飲み場(0.8畳)
1階床レベル-30cmの場=食事スペース+猫缶フード置き場(0.8畳)
1階床レベル-45cmの場=トイレ置き場(1.5畳)
という感じになっていて、
また別の部屋にもトイレと食事スペースは分散配置してます。

トイレの汚物処理に関しては、人間用のトイレに近い場所にあるので
そこでも出来るし、正面の窓の外にも、中から手の届く距離に汚物処理用設備があります。

だから、トイレの処理は結構楽にできるようになっていて、
特に、段差を付けての「完全防水+丸洗い可」なところが喜ばれております。
だって、トイレ、食事スペース周りは16匹もいると、全員が使わないにしても
めちゃくちゃ散らかりますから。

それから、階段部分は、普通に「吹き抜け」になっているので
気積が稼げるんです。よって臭いを薄めることができる。
さらにトイレのすぐ横と途中に24時間換気扇があって、汚染された空気を排出していますから
この家は、ほとんどペット臭がしません。室内環境は良好です。

いかがでしょう?参考になりました?K先輩。

<追記>2012.5.19

最近はこの方式を主に採用しています。下記URL参照ください。

猫のトイレ置き場を考える。答え。

blog「動物の建築士さん」へのリンクです。

テーマ : 猫と家?猫と暮らす住まいの工夫?
ジャンル : ペット

プロフィール

Fauna+DeSIGN

Author:Fauna+DeSIGN
WEBサイト
「猫の家 The Cats' House」
のコンテンツ内BLOGです。
The Cats' Houseが出来るまでと
猫たちの観察日記になっています。
******************************
管理人は、この家の設計者で、
動物の建築士さんこと廣瀬慶二
* 一級建築士           
* 一級愛玩動物飼養管理士

関連リンク
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加中
あなたの1クリックでThe Cats' Houseを応援してください!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。